青森県にある工業大学の八戸工業大学では、実践的な教育を学生に提供できるようなカリキュラム構成になっています。高校生から大学に進学すると、学習内容もだいぶ変わってくるので戸惑う人も出てきます。八戸工業大学では、高校から大学に向けて教育のスムーズな移行のできるようにいろいろな取り組みを行っています。例えば、導入転換科目やリメディアル科目などを導入することで学生が勉強のやり方で戸惑うことのない試みがあります。

また八戸工業大学の工学部では日本技術者教育認定機構の設定するコースを設けています。国際基準を満たしたカリキュラムで、技術者の育成を行っています。

ほかにも八戸工業大学では、企業や自治体と連携して研究を進めているのも大きな特徴です。つまり早い段階から社会とのつながりが持てるようにして、卒業して社会人になった場合でもすぐに対応できるような教育を実施しています。また授業もいわゆる教授や講師が講師に一方向で話をするスタイルではなく、体験型の授業も数多く取り入れています。より興味を持って勉強できることと、スキルをマスターしやすい授業構成になっています。実践的な教育を受けたいと思っているのであれば、八戸工業大学がおすすめです。